サービスコンクールに出るメリット・デメリットまとめ

スポンサーリンク
考え方
スポンサーリンク

コンクールって実際どうなんだろう・・・?

さとし
さとし

うん、個人的にはメリットしか無いと思ってる

 

 

まいどどうも。さとしです。

今、日本にはいくつかサービスマン・ソムリエ向けのコンクールがあります。

 

メートル・ド・セルヴィス杯

HRSサービスコンクール

全日本最優秀ソムリエコンクール

J.S.Aソムリエ・スカラシップ

ボルドー・ボルドーシュペリュールソムリエコンクール

JETカップ

 

などなど、いろんなコンクールがあります。

やはり人気があるのはソムリエ系のコンクールで、

コンクールで上位成績を残すと、色んな所からお仕事が舞い込みます。

 

雑誌のテイスティング企画、POPワインコメントの記載、

ワインスクールの講師など、様々な場所で活躍できます。

 

それゆえに、受験者も非常に多く、問題もその後の世界大会向けに年々難易度が上がっています。

 

僕が出場していたのは一番上のメートル・ド・セルヴィス杯。

ソムリエではなく、サービスマン向けのコンクールです。

ワインに限らず、チーズや、技術など幅広く課題が出ます。

 

今回は僕がコンクールにチャンレンジして思った、

メリット・デメリットをまとめました。

 

結論から先にいうと、

さとし
さとし

失うものはほとんど無いから出たほうがいい

コンクールに出るメリット・デメリット

 

スポンサーリンク

メリット

 

スキルがアップする

メートル・ド・セルヴィス杯に限らず、どのコンクールも技術を求められます。

まぁ、当然といえば当然です。

 

だから、課題となる技術を練習することになります。

僕はオレンジのカットや、魚や肉をお客さんの前でさばく技術を手に入れました。

いかにお客さんの前で美しい所作をするか?といいう動き方も身に着けました。

 

ソムリエコンクールでも美しい所作や、動きなどかなり高いレベルで求められます。

そのような動きやスキルは現場でも活かせます。

 

知識が増える

課題の中には筆記試験や面接形式の口頭問題もあります。

かなり広範囲に知識が求められるので、勉強は必須です。

嫌でも知識が増えます。

当たり前ですが、増えた知識は現場でめちゃくちゃ役に立ちます。

 

モチベーションが上がる

目標があると人間がんばれます。

目標もなくだらだらと働くくらいなら、コンクールは目標としてはちょうどいいのではないでしょうか。

集中して勉強できるし、知識も増えます。

 

評価が上がる

これに関してはお店によるところも大きいですが、

上位成績を残せば評価が上がります。

自分の実績にもなるので、お店を変えるときにも有利になります。

場所によっては給料もアップします。

 

今の自分の実力がわかる

勝っても負けても、実力がわかります。

自分の足らない点や、失敗したことなどが明確になりとにかく勉強になります。

 

普通に働いていると自分の立ち位置や、レベルを知ることは難しいです。

一つの基準としてめちゃくちゃおすすめできます。

 

人脈が増える

コンクールに何度も出場すると、何度も顔を合わせる人が出てきます。

上位の顔ぶれは毎年だいたい同じです。

なので、ライバルでありつつも、仲良くもなれます。

 

また、コンクールつながりで、パーティのヘルプ要請や、

普段できないようなガラディナーのサービスを頼まれることもあります。

 

デメリット

時間が奪われる

練習したり、勉強したり、普段の営業の他にやることとなります。

普段の営業から忙しいのに、そんなこと・・・

と思うくらいなら止めておいたほうがいいでしょう。

 

それでもチャンレンジしていくから、

コンクールには価値が出ます。

 

周りからの目線が痛い時がある

コンクールに情熱を捧げて空き時間に勉強していると、理解のない人たちから、

「そんな事やってねーで仕事しろよ」という目線が飛んでくることもあります。

 

シカトしましょう。

そんなチャレンジのない奴らに、何を言われても気にしないメンタルを手に入れましょう。

 

僕からしたら、チャレンジしている方がよっぽど立派です。

結果が出ても、出なくてもコンクールはチャレンジして行くことに価値があります。

 

多少お金がかかる

参加費や勉強代で多少なりともお金がかかります。

食材やワインを購入するのにもお金がかかります。

 

とはいえ、勉強代(自己投資代)だと思えば全く問題ありません。

それくらいは進んで払うようにしましょう。

そんなの払いたくない!と思うなら止めておいたほうが賢明です。

 

まとめ

 

今回はサービスコンクールに出るメリット・デメリットをまとめました。

メリット

スキルがアップする
知識が増える
モチベーションが上がる
評価が上がる
今の自分の実力がわかる
人脈が増える

 

デメリット

時間が奪われる
周りからの目線が痛い時がある
多少お金がかかる

 

正直デメリットなんてあってないようなもんです。

集中して強制的に勉強するチャンスなので、自分を追い込める人には特におすすめできます。

 

コンクールに興味あるなら、記念受験でもいいから本当に受けたほうがいいと思います。

負ければ悔しすぎて次回も出たくなりますから。笑

 

これからの時代にサービスマンが英語以外に身につけるべき能力の話

これからの時代にサービスマンが"英語以外に"身につけるべき3つの能力
こんにちは、さとしです。 これからはサービスの時代です。今、日本で「料理が美味しい」なんて当たり前です。 料理で差がつかなくなった理由はいくつもあります。・SNSやインターネットによる技術・情報のシェア・世界レベルにおけるイ...

 

あなたはこんな敬語の間違いをしていませんか?

こんな日本語の間違いをしていませんか?使ってはいけない敬語集
とんでもございません!おしぼりになります!お待ち頂く形になります!   さとしこんな日本語使ってたらお客さんからアホ扱いされまっせ   まいどどうも。さとしです...

 

へっぽこサービスマンと一線を画す方法とは?

へっぽこサービスマンと一線を画すために必要なこと5選
さとしその辺のへっぽこサービスマンと差をつけましょう まいどどうも。さとしです。 今日は誰でも出来る、「その辺のへっぽこサービスマンと差をつけるために必要なこと」についてお話します。 簡単なことばかりですが、...

 

 

 

 

 

 

 

コメント