話題に困った時に使える会話のネタ【誰でも簡単に使えます】

スポンサーリンク
サービステクニック
スポンサーリンク

 

サービス中に限らず初対面の人との話題に困ったことありませんか?

 

「え、どうしよう…何を話そう…」

 

気まずくなればなるほど、頭は真っ白になり、

どんどん会話に困りますよね。

 

そんな時に使えるテクニック、

「木戸に立てかけし衣食住」の話。

 

これさえ知っておけば、

相手に振る話題には困らないので、ぜひ活用してください。

 

ちなみに内容はこんな感じ。

 

季節、道楽、ニュース、旅、天気、家族、健康、仕事、衣料、食、住居

 

これらの頭文字をとって、

きどにたてかけし衣食住の話です。

 

・季節

 

まんまですね。その日の気温だったり、

季節感だったりの話です。

一番誰とでも話せる内容です。

 

僕も良く使います。

緊張して入ってきたカップルなんかに、

「今日は寒いですね」と一言声をかけるだけで、

それがアイスブレイクとなり、

お客さんの緊張をほどくことが出来ます。

 

・道楽

 

いわゆる趣味の話ですね。

これはタイミングを選びますが、

話を広げるのにはピッタリです。

 

・ニュース

 

世間をにぎわせている話題なら、

誰もが話すことが出来るのでこれも有効です。

 

ただ、あまりにも暗いニュースや、

芸能人のゴシップなどは止めておきましょう。

 

・旅

旅行の話です。

趣味の話から続く場合もあるし、

自分が興味ある場所について尋ねてみるのもいいでしょう。

 

相手もある程度、

長く話してくれることが多いので、

とても使いやすい会話のフックになります。

 

・天気

 

これも来店してすぐや、

誰とでも使えるのでアイスブレイク用です。

 

雨が降っている日に来店してくれたなら、

「お足元悪い中ありがとうございます」

なんて一言いうだけで、喜んでもらえます。

 

・家族

 

家族の話は、サービス中は使いにくいですね。

初対面の人や、その人との関係性によってです。

 

サービス中で使うなら、

自分の家族の話をする時と、

あきらかに家族と来てる時は使ってもOKです。

 

女性と来ている男性に「奥様」と言ってはいけないのと同じですね。とても繊細な部分です。

 

・健康

 

これも使いやすいですね。

食事を通じた健康の話や、

筋トレジョギング、ダイエットなんかも、

話題に挙げることが出来ます。

 

ある程度、みんな共通して興味がある話題です。

 

・仕事

仕事の話を振るときは、

相手に尋ねるのではなくて、

自分の仕事の話から切り出すと話しやすいと思います。

 

僕なんかは自虐ネタとして、

「いやー、労働時間長いからブラック企業なんですよー」

とか、よく使ったります。

 

ただ、タイミングに気を付けるのと、

関係性が薄いのに「どんな仕事をしてるんですか?」

とはサービス中に尋ねるのは止めましょう。

 

・衣

 

ファッションが好きな人はいいかもしれません。

服に限らず身に付けている物や持ち物でもいいです。

 

僕が昔一緒に働いていた上司は、

とても時計が好きで、話し出すと1時間は止まらない人です。

 

そんな人だから、

時計好きなお客さんとの会話は本当に盛り上がってました。

 

・食

 

これは言うまでもありませんよね。

お客様との会話は「食」の話を中心に広げて、

他の会話につなげるのが一番自然ですね。

 

・住

 

当たり前ですが「どこに住んでるんですか?」

なんて聞くのはダメです。

 

僕なら、歩きできたみたいな話になったら、

「お近くなんですね」や「お住まいは東京ですか?」

といった具合に聞きます。

 

ただ、これも踏み込んでいいギリギリのラインが、

お客様によって違うので気をつけましょう。

 

  • まとめ

どんな話題でもそうですが、

もちろん相手を見ながらやってくださいね。

 

木戸に立てかけし衣食住

 

季節、道楽、ニュース、旅、天気、家族、健康、仕事、衣料、食、住居

 

困った時に使ってください

 

 

ちなみに“お客様としてはいけない話”もあります。

それは詳しくこの記事に書いてあります。

コメント