自分の選んだ道を正解にする方法

スポンサーリンク
考え方
スポンサーリンク

僕はずっと自分のキャリア形成について悩んでいました。

この先サービスマンとしてどう生きていくべきなのか?ニュータイプのサービスマンになるにはどうすればいいのか?と。

でも、答えが出ませんでした。未来のことはわからないからです。

 

これって同じようなことを考えている人ってたくさんいると思います。

だから、今日は「自分の選んだ道を正解にする方法」という話をします。

 

料理人なら「オーナーシェフ」みたいな一つの目安はありますが、サービスマンで「オーナーソムリエ」ってなんだか目指しにくい。

なぜかというと、単純に「料理」というコンテンツを作り出すことができないからです。まぁ、料理人を雇えばいいだけなんですが、諸々弊害は出てきます。

 

そんなことを考えていると、自分の人生の先が読めてきて「俺、このままでいいのかな・・・?」なんて漠然とした不安を掲げることになる。

目の前の5歳上の先輩の給料が5年後の自分の給料。なんてことが起きるわけです。

 

そうすると次に「何をやるかなー?」「何が正解かなー?」ということを考え出すようになります。

平たく言うと「自分の選択に失敗をしたくない。正解が知りたい」と思うようになるわけです。ずっと“正解”を追い求めているような状態です。

必ず当たる宝くじのナンバーを探しているようなものです。

 

だけど、真理として「自分の選択に正しい解」なんてありません。

どんな選択でも、自分の中の納得感や、仕事において圧倒的なレベルまで行けばそれは“正解”だし、自分の中で最高の仕事になる。

 

つまり、数学じゃないから人生における“正解”なんて、“超・主観的”なものでしか無いんです。ただ自分がどう思うか?というだけの話です。

 

だから、大切なのは失敗から学ぶこと。何やったって行動してれば失敗が数多く存在する。その失敗から学んで次に活かせばいい。

卵が先か、鶏が先か。じゃないですけど、学ぶためには失敗が必要なわけです。

 

当然、目の前の仕事を全力でこなし、数々の失敗をして、その失敗から学び、修正していけば自ずと実力はつく。

 

つまり簡単にまとめると、

正しい解なんて存在しない

→自分が正解だと思えるようになるまで頑張る

→そのためには数々の失敗をから学ぶ

→失敗が必要

→失敗するには仕事しなくちゃいけない

→目の前の仕事を頑張る

 

この流れが自分の選択が正解だと言えるまでの方法です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

誰の人生でも、どんな人生でも“正解”なんて主観的なものでしかありません。全てはその人の価値観に依存します。

年収3000万稼ぐことが正解とする価値観なら、3000万稼げば正解です。

年収300万でも、自分の時間が満喫できることが正解なら、それが正解です。

 

でも、そこまでのプロセスは見えません。

どんな仕事したとしても正解になるかはだれにもわからない。

だから、正解にするために自分がどうするか?が大切ということです。

 

正解にするための方法は・・・

 

正しい解なんて存在しない

→自分が正解だと思えるようになるまで頑張る

→そのためには数々の失敗をから学ぶ

→失敗が必要

→失敗するには仕事しなくちゃいけない

→目の前の仕事を頑張る

 

ということです。迷わず決めて、目の前の仕事を頑張ってみましょう。それだけで、世界が変わりますよ。

 

 

コメント