接待サービスにおける基本の基本

スポンサーリンク
サービステクニック
スポンサーリンク
さとし
さとし

接待サービスがちゃんと出来たら一人前だと僕は思う

まいどどうも。さとしです。

 

「接待」ってちゃんとサービスできますか?

接待はホストがゲストを招いて、食事の席を通じて、

親交を深めたり、ビジネスを円滑に進めるための物です。

 

ホスト側からしたら「ゲストと関係を深める」為の大事な席です。

結構繊細な部分が多いので、知らないと大失敗する場合があります。

 

失敗すれば当然二度と使ってもらえなくなります。

大きい会社であれば「二度とあの店使うな」ということにもなりかねません。

 

今回はそんな接待サービスの基本について勉強していきましょう。

 

90%の会食は接待

入店の順番に気をつけろ

席順に注意を払え

プライオリティは絶対守れ

お客さん同士の会話にはヒントが沢山

接待で出しゃばるな

基本的に時間がないものと思え

 

スポンサーリンク

90%の会食は接待

 

基本的には世の中の90%の会食は接待です。

男性が女性をデートに誘い、食事をごちそうする。これも十分接待です。

ご飯をごちそうして、関係を深めたいと考えているのなら、接待ですよね?

 

彼女が彼氏の誕生日をお祝いするのも接待です。

ホストがいて、ゲストがいれば接待は成り立つわけです。

 

外国から友達が日本に来て、友達を日本のレストランに連れてきた。

これも十分接待として成り立ちます。

そう考えると、ほとんどの食事の席には、ゲストとホストがいるから、接待と考えていいと思います。

 

ですが、そんな話をしていると身も蓋もなくなるので、この記事で言うところの“接待”は、ビジネスの上での接待を指すことにします。

 

もちろんこの記事で言っていることは、どんなお客さん同士の接待でも使えるので安心してください。

 

入店の順番に気をつけろ

 

まず意識してほしいのは入店の順番です。

誰が最初に来るか?ということに意識を向けましょう。

ほとんどの場合、ホストが先に来ます。

 

ホスト側は円滑に食事を進めたいため、店の視察も含めて早く来ます。

 

力を入れている人は、トイレの位置や、ドリンク、料理の流れ、時間配分などを細かく指定してきます。

基本的にはすべてホストの意向に沿わせるようにしましょう。

サービスマンはホストの執事的な存在であるべきです。

 

ただし、アクシデントや何らかの事情で、ゲストが先に来てしまうパターンもあります。

「先に来たから」という理由でホストだと決めつけないようにしましょう。

 

席順に注意を払え

 

会食者が全員揃ったら着席するわけですが、この時に席順に注意を払いましょう。

 

どこが上座で、どこが下座なのか?

自分が働くお店の上座と下座はしっかり把握しておきましょう。

 

基本的には入り口から一番遠いところが上座です。

入り口に一番近い席が下座です。

それはお店によって違うので、必ず把握すべきです。

着席した場所によって、優先順位がわかるようになります。

 

プライオリティは絶対守れ

 

プライオリティとは「優先順位」のことです。

ゲストの中にも順位付けがありますし、ホストの中にも順位付けがあります。

 

ゲストの一位を「メインゲスト」

ホストの一位を「メインホスト」

と言ったりすることもあります。

 

席順によって8割くらいはプライオリティを把握できますが、その時の状況によって、変動することがあります。

 

たまたま最初に来たメインゲストが、めんどくさくて下座に座る場合もあります。

ですので、座ってる席だけで判断するのも早計です。

 

では、入店順位や、座る席だけで判断できない場合はどうすればいいのか?

 

お客さん同士の会話にはヒントが沢山

 

お客さん同士の会話から関係性を見抜きましょう。

お客さん同士の距離感を掴むようにします。

 

ガッチガチの敬語で話している場合もあれば、何度も一緒に食事しているかのような場合もあります。

最初はなにがなんだかわからないかもしれませんが、意識してみていると気づくことがたくさんあります。

 

名刺交換

名刺交換をしているということは、初対面だということです。ですので、当然会食は固いものとなります。

名刺交換の順番にも注意を払いましょう。

 

「名刺交換の順番=正式なプライオリティ」です。この情報は本当に大事。

 

ホストの態度

ホストの態度によって関係性を読み解くことも出来ます。

ホストがガチガチであれば絶対失敗できないということです。

背筋をちゃんと伸ばして話を聞いていたり、必要以上にゲストのことを褒めたりする場合も同様です。

逆にいきなりジョークから始まったり、ホスト側がジャケットを脱いだりする場合は、基本的にはフランクな関係だと思って大丈夫です。

 

接待で出しゃばるな

 

どんなサービスでも言えますが、サービスマンはでしゃばってはいけません。

むしろホスト側からぞんざいに扱われることもあります。それでも、淡々と進めなくてはいけません。

 

お客さんにとっては、会食よりも「自分のビジネスを優位に進める」ことが最優先です。

ぶっちゃけこっちの話なんてほとんど聞いてません。

ビジネスの接待は「こういうものだ」ということを認識しておきましょう。

 

基本的には時間がないと思え

 

だらだらとした接待もありますが、それは極稀です。

基本的にはビジネスパーソンとして皆さん忙しいものだと認識してくください。

 

料理はタイミングをみて早めに進めてあげるべきです。

食事をして二軒目に銀座のクラブを予約している。なんてこともあります。

ですので、急かさない程度に早く終わらせてあげたほうが喜びます。

 

もちろんだらだら食事をする人もいますし、最後まで飲み続ける人もいます。

とはいえ、事前に情報がなければそんなことはこっちにはわかりません。

 

ですので、基本的には早く終わらせてあげるようにしましょう。

 

まとめ

 

接待サービスの基本をまとめました。

意外とここまで言葉にして教わる機会もないと思うので、我ながら良いこと言ってると思います。笑

 

90%の会食は接待

入店の順番に気をつけろ

席順に注意を払え

プライオリティは絶対守れ

お客さん同士の会話にはヒントが沢山

接待で出しゃばるな

基本的に時間がないものと思え

 

これらのことを守って、接待を極めましょう!

 

こんな日本語の間違いをしていませんか?使ってはいけない敬語集
とんでもございません!おしぼりになります!お待ち頂く形になります!   さとしこんな日本語使ってたらお客さんからアホ扱いされまっせ   まいどどうも。さとしです...

 

接待はどうにも緊張する・・・そんな人のための記事

息が苦しくなるような緊張を5分で解く方法
 今日は満席だ…緊張する……   まいどどうも。さとしです。 明らかに満席でどうしようもない。上司がイライラしている。苦手な常連が来る。超VIPが来店予定。 これらの理由から、店全体がピリピリしている...

 

接待でワインを売ることがあれば使ってください

ワインを売る時に使える魔法のテンプレート!VAKOGの法則
ワインのオーダーを取ることがあるけど、ワインの説明って何をどうすればいいかわからない…こんにちは、さとしです。 ワインを頼もうってお客さんから、「このワインどんな感じ?」って聞かれることが多々あります。 そんな時...

 

 

 

コメント