レストランサービスにおける料理の出し方とは!?

スポンサーリンク
サービステクニック
スポンサーリンク

 

左出しの右下げ?え?左出しの左下げ?あーもう!料理を出すのってどうすりゃいいのよ!?

 

 

さとし
さとし

うん。ぶっちゃけどーでもいい。笑

まいどどうも。さとしです。

 

今日は直接料理を運べるようになった君たちへアドバイス。

レストランサービスにおける「料理の出し方」について説明します。

 

料理が出せるようになると、

・どっから出せばいいの?

・左出し、右下げ?

・優先順位は!?

 

こんな悩みが出てきますよね。

 

この記事を読めば、自信をもって料理をサーブすることが出来るようになります。

気を付けなければいけないポイントや、歴史なんかを話しているので、

知識として入れて、堂々とかっこよくサービスできるようになりましょう。

 

  • レストランサービスにおける料理の出し方
  • 時代は多様化してる
  • 安全&美しいのが一番

 

 

 

スポンサーリンク

レストランサービスにおける料理の出し方とは?

基本的には決まりがあります。

「左出し、右下げ」これが基本です。

 

これは安全性を第一に考えられたやり方です。

 

なぜ左から出すのかというと、右利きの人が多いからです。

 

ようは、お客さんは右手の方がよく動く。ってことです。

 

例えば、身振り手振りの大きい外国人を相手にサービスしているとしましょう。

 

サービス側に背を向けて座っていた場合、当然お客様は我々の存在は気が付きません。

話が盛り上がっていたりするとなおさらです。

 

こちらが右側から料理を出そうとした瞬間に、お客様の右手がいきなり飛んでくることがあります。

そしたら、サーブしようとしていた皿に手がぶつかりますよね。

 

ぎりぎり避けられとしても、料理の盛り付け崩れたり、最悪お客様に料理がかかってしまう場合もあります。

 

実際に僕もペーペーだった時に、コーヒーをお出ししようとして、ぶつかったことがあります。幸い、自分にコーヒーがかかったくらいで済みましたが、一歩間違えれば大惨事です。

 

油断していると、このようなアクシンデントは日常茶飯事に起こります。

 

あとは、現在でもイベントやホテルのガラディナーなどで見られますが、大人数が一列に並んでいる場合です。

 

一人のゲストに対して、一人のサービスが料理を出す。

この場合、各々が好き勝手出したらぶつかる&統率がない乱れた印象になります。

 

統率を取り、美しく見せるために「全員左から、左手で、同じタイミングで出す」という決まりがあります。

 

下げる時は、右側から右手で下げる。

これも統率が取れていて美しく見せるための所作です。

 

さとし
さとし

……とはいえ、そんな大昔の話は今の時代通用しないでしょww

 

これが僕の考えです。

 

時代は多様化している

今のレストランでは様々な店のつくり、席のタイプがあります。

カウンター、丸いテーブル、四角いテーブル、ボックス席、個室、カップルシート…

席の種類なんか腐るほどあります。

 

物理的に「左出し、右下げ」が出来ない場合なんかたくさんあるでしょう。

 

だから、そんな大昔の話心からどうでもいい。と思っています。

お客さんだってそんなこと全く気にしていません。

右から出そうが、左から出そうが、100%気にしていません。

 

そんなことより、自分の話に夢中だし、料理、ワインに夢中なのです。

 

安全&美しいが一番

とにもかくにも、安全に料理を出すことを最優先にすべきです。

 

左から出す=安全なのではなくて、「安全に出せる確率が高い=左だし」なのです。

状況によって、右から出した方がよければ右から。

正面から出すべきなら正面から。

 

こんなことはフレキシブルで当たり前です。

 

そして、より美しい姿勢で料理をサーブすることが一番です。

体勢が崩して左から出すくらいなら、美しい姿勢のまま右から出した方がよっぽどエレガントです。

 

何度も言いますが、お客さんはそんなこと全く気にしていません。

スマートに見せるサービスのコツが知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

https://pro-sv.com/restaurant-service-3-techniqu

 

まとめ

左から出すとか、右から出すとか心からどうでもいい。

安全&美しいが一番

 

ってことです。

 

どんなに美しく料理を出そうとしても、歩き方がだらしないと、おいしい料理もおいしくなくなります。

一流のサービスマン的歩き方…ご存知ですか?こちらの記事が参考になると思います。

一流かどうかは歩き方でわかる!サービスマンの歩き方とは?
サービスマンにとってめちゃくちゃ大事な歩き方の話。 これができないと本当にクソサービスマン。

 

PS

堅苦しいホテルとかの場合は、お店ごとのルールがあるかもしれません。

だけど、本当に優先すべきは‘‘お客様の安全‘‘です。

 

お店のルール<<<<<<<<<<<<安全

 

くらい差があります。

余裕があるときはお店のルールに従うべきですが、安全第一でサービスしましょう。

 

 

コメント