レストランサービスマンが大切にすべき時間の使い方【結論:長さより濃度が大事】

スポンサーリンク
考え方
スポンサーリンク

 

僕は常に

 

「30年間仕事をしてきた人間と、同じ1年を30回繰り返した人間は天と地以上の差がある」

 

この言葉を意識しています。

 

今日はそんな話を少し。

 

スポンサーリンク

同じ一年を繰り返していないか?

 

 

人は往々にして弱い生き物です。

意思は弱いし、習慣にすることも難しい。

チャレンジすれば疲れるし、変化を恐れる。

年齢を重ねれば重ねるほどそれは顕著に出てきます。

 

サービスマンに限らず、同じ仕事を長いことやっていたらある程度仕事の流れは同じです。

日々起きる出来事は違えど、大枠で考えたら同じことの繰り返しです。

 

同じことの繰り返しだと脳みそがどんどんそのことに慣れていきます。

慣れれば慣れるほど楽になります。

 

歩き慣れた道を歩くの時と同じです。

最初は道を間違えないように確認しながら歩きますが、毎日同じ道を通り慣れてきたらスマホ観ながらでも、別のことを考えながらでも歩くことが出来ます。

 

仕事も同じで、何度も同じことを繰り返していればどんどん脳みそを使わなくてもよくなります。悪く言えば惰性で仕事が出来るようになります。

 

このことからもわかるように、毎日は繰り返しで生きることが出来ます。

 

自分から負荷をかける必要がある

何も考えなければ、人はこのように同じ一年を繰り返してしまいます。

そうならない為にも自分で自分に負荷をかける必要があります。

 

どんどん自分にとって「ちょっときついかな?」と思えるくらいの負荷をかけていかないと成長は止まります。

 

成長が止まれば現状維持に甘んじます。

現状維持は退化と同じです。

なぜなら、周りはどんどん進化していくからです。

要は自分だけが取り残されてしまう。

 

だから自分にも負荷をかけなければいけないのです。

 

どんなことでもいい。負荷をかけて時間の濃度を上げろ

毎日本を読むでも、勉強するでも何でもいいです。

上司や先輩から適切な課題をもらうのもいいでしょう。

思考停止でテレビを観たり、Youtubeを観たりしているだけでは自分に負荷はかけられません。

 

僕は今までの経験で一番日々の濃度が高かったのは、コンクールに出ていた時です。

日々チャレンジと勉強の連続でしんどかったけど充実していました。

 

毎日少しずつ自分がちょっとキツいけどやるか。と思えるような事をすることをお勧めします。

じゃないと、同じ一年を繰り返してしまうことになるからです。

 

個人的なおススメはSNSでのアウトプット。

TwitterでもFacebookでもInstagramでもClubhouseでも。

 

自分が思っていること、考えていること、感じた事、勉強したこと。

それらをまとめて自分の言葉にしてオンラインの世界に放り投げる。

 

最初は誰からも反応無いし、自分にとって目に見える成果も成長もない。

一か月続けてもなんの変化もわからないかもしれない。

 

でも、続けていくことで確実に進歩していきます。

共感してくれる人が出てきます。反対する人も出てきます。

自分の感情に比例するように言葉が鋭くなりすぎたり、迷っていたりする時もあります。

考えていることはあるのに、うまく言葉にできないこともあります。

 

それらは良くも悪くもすべてストレスです。

ストレスとは自分に対する負荷です。

1年間負荷を毎日かけ続けたら、1年前の自分がちょっとびっくりするようなことが達成できます。

 

少なくとも僕はそうでした。

自分のアウトプット用にTwitterを真面目に初めて1年。

 

フォロワーは1500人を超えたし

自分が主催する飲み会にはたくさんの人が来てくれて

Noteやブログにはたくさんのアクセスが集まり

出会いも沢山あったし、自分の脳内の整理も沢山出来た

ちょっとだけお金を稼ぐことも出来た

 

このように、1年前の自分がみたらちょっとびっくりするようなことがたくさんです。

だからSNSを通じての発信をお勧めします。

 

みんな毎日やらない&できないからこそ価値が生まれます。

なんでみんな毎日できないかって言うと、自分に負荷がかかってしんどいからです。

 

でも今回は自分に負荷をかけることが目的。

一年と言わず、まず一週間を目標に続けてみてください。

 

そうすれば同じ一年を繰り返さなくて済むようになります。

 

まとめ

30年間仕事をしてきた人間と、

同じ1年を30回繰り返した人間は天と地以上の差がある

 

同じ1年を30回繰り返した人間に積み重なったものはない。

キャリア30年なんて何の価値も無いから、自分に負荷をかけ続ける必要があります。

 

何も考えなければ人は同じことを繰り返してしまいます。

だから、少しずつ毎日濃度を上げていきましょう。

 

濃い一年に勝る経験は無いですから

 

 

コメント