哲学的思考の使い方【要は考える力を身に付ける学問です】

スポンサーリンク
考え方
スポンサーリンク

こんにちは。さとしです。

 

ちょっとだけツイートしましたけど、年収2億の先輩に朝5時までガチで説教されました。久しぶりに本気で説教をくらいへこみました。人生何とかします。

 

それはさておき「哲学的思考は本当に仕事において大切だよ」って話をします。

 

べつに「人とはなにか…?」なんて眠くなる話をするわけではありませんのでご安心ください。

 

スポンサーリンク

哲学的思考って…?

 

僕も特別難しいことを知っているわけではありません。

ガチの哲学書は読んだことすらありません。あれはむり。

哲学書の入門書を数冊読んで満足している程度のレベルです。笑

とはいえ、全く読んでない人よりは数歩先を歩いています。

 

もはや「哲学」とかって言葉を聞くだけで、頭痛がする。なんて人もいるのではないでしょうか。

 

そもそも、哲学とは<Philosophy>

…物事を根本原理から統一的に把握・理解しようとする学問

世界・社会・人生などの原理を追求する学問

 

広辞苑にはこんなようなことが書かれています。

くっそ難しすぎて僕みたいな凡人は理解不能です。

 

それをかみ砕いて一般的に哲学は「答えの無いものを考え抜く学問」と表現されることもあります。

 

「勇気とは何か?」

「死とは何か?」

「あなたの生まれてきた意味は何か?」

「世界はどうして生まれたのか?」

 

みたいなことを考える学問。

果たしてそんなの考えてどうすんだよ。と。

とはいえ、今の時代は科学や自然現象学でかなりのことが解明されているし、別にそんなのは考えたい人は考えればいい。

大昔の人と違って、現代人はそんなこと考えている暇もありません。

 

「死とは何か?」なんて考える暇があったら、今夜どこに飲みに行こうか考えたいわけです。

 

「知を愛する学問」

哲学を意味する英単語の<Philosophy>

これは「Sophy…知」「Philo…愛する」の意味です。

 

直訳すると「愛知学」になりますが、紆余曲折を経て(これにもちゃんと理由があるんですが長いので割愛!)、「希哲学」と訳されました。

 

希には「こい願う」という意味があり

哲には「あきらかにする」という意味があります。

 

希哲学とは「あきらかにすることをこい願う学問」という意味の造語になったそうです。

 

つまるところ、「考えるのめっちゃ楽しー!」ってなる学問です。

だから答えが出ないようなことを延々と考えるわけです。

 

「常識を疑う学問」

 

考えるの楽しー!ってなるのならもう少し踏み込んで考えたい。

そこで哲学を「常識を疑う学問」と捉えるともう少し身近に感じられるはずなんです。

 

もちろん有識者の方や、哲学を専攻してきた人に言わせれば、「そんな浅はかなもんじゃねーよ」って言われるのはよくわかっています。

 

でも、そこはつっこまずにご理解ください。

 

例えば、サービスマンが仕事をする時に。

 

「なんで銀器を使うんだろう?」

「どうして料理を出すのはこんなスタイルになったのだろう?」

「そもそもサービスって何だろう?」

 

もちろんそれらには理由があって今に至るわけですが、そうやって一つ一つのことに意識を向けて、考え、答え説明できるようにする力。

それこそが哲学的思考だと僕は思っています。

そうやって考え始めると、今まで”常識”と思っていたものが、常識ではないことに気が付きます。

 

好きじゃないならいらんことを覚える必要はない

 

哲学の本を読んで勉強を始めると必ず

 

「無知の知 ソクラテス」

「我思う故に、我あり デカルト」

「弁証法 ヘーゲル」

「実存は本質に先立つ サルトル」

 

とか、わけのわからんことがたくさん出てきます(本ではちゃんと一つ一つかみ砕いて説明してくれてるので、理解はできますからね!)

 

もちろんこんなのが仕事に直結して役に立つわけではありません。

本当に役に立つのは「考える力」が身につく。という事です。

 

物事を考え、勉強し、言葉にして、伝える

 

その為のトレーニングとして哲学は有効だと僕は思っています。

 

哲学的思考を身に付けると人生豊かになる

 

ただただ漫然と日々を浪費するのも、その人の人生だけども、僕はせっかく生きているなら、豊かに楽しくしたいと考えています。

 

だからこそ、いろんなものの根源にせまり、考え、言葉にする。

哲学的思考があればもっと人生は豊かになると思っています。

 

自分で考えだした結論だからこそ納得できることもありますよね。

少しでも興味を持っていただけたら幸いです!

 

コメント