へっぽこサービスマンと一線を画すために必要なこと5選

スポンサーリンク
サービステクニック
DSC_0247
スポンサーリンク
さとし
さとし

その辺のへっぽこサービスマンと差をつけましょ

 

まいどどうも。さとしです。

 

今日は誰でも出来る、

「その辺のへっぽこサービスマンと差をつけるために必要なこと」についてお話します。

 

簡単なことばかりですが、

これが出来ないばっかりにその辺のサービスマンは、

へっぽこサービスマン認定されます。

 

へっぽこサービスマン認定されると、

「ここは料理が美味しいわね」しか言われなくなります。

サービスマンとしてそれ以上の屈辱はありません。

 

逆に言えば、これさえ出来れば、

「この人ちょっと違うわね…」とお客さんに思ってもらえます。

それだけでサービスの価値が上がります。

 

ワインの知識の量とかそんなことではなくて、

今日からすぐに出来るテクニックを紹介します。

 

ぜひ、これを意識してへっぽこサービスマンを出し抜きましょう。

 

スポンサーリンク

一線を画すサービスマンになる為に必要なこと5選

 

ガチで身なりを整える

ガチで敬語に気をつける

ガチで目線に気をつける

ガチで余裕がある(ように見える)サービスをする

ガチでプロ意識を持つ

 

 

ガチで身なりを整える

 

基本のき。これが出来ていない人多すぎです。

頭の天辺から足の先まで気を遣いましょう。

 

昔みたいにオールバックにする必要はありません。

したければしてもOKです。たしかにかっちり見えます。

 

髪が長い、ボサボサ、整えていない、寝癖がついている

この辺はアウトです。

 

「人前に出る」ということを意識してください。

初めてデートする時に寝癖ついたままいきますか?

鏡見ないで行きますか?

ユニフォームに汚れはついていませんか?

しわくちゃになっていませんか?

汗臭かったりしませんか?

手先

手はガサガサしていませんか?

爪は短く切ってありますか?

爪の先はやすりで整えてありますか?

ちゃんと磨いてありますか?

型くずれしていませんか?

かかとが壊れたりしていませんか?

体臭&口臭

ニンニクとか食べていませんか?

ちゃんと汗の匂いのケアをしていますか?

歯をちゃんと磨いていますか?

コーヒー飲みながらサービスしていませんか?

 

この辺の清潔感の出し方については、

こちらの記事を参考にしてください。

【身だしなみを整えよう】サービスマンが実践する清潔感を出す方法
プロレストランサービスマンが実践する、清潔感の出し方をまとめました。 コレさえ読めば、清潔感を出すことなんて楽勝です

 

ガチで敬語に気をつける

 

アルバイトみたいな敬語は卒業しましょう。

相手は一流です。

敬語が使えないだけで相手にされません。

 

なぜなら「まともな教養が無い」と判断されるからです。

敬語が使えないだけでチャンスをかなり失います。

 

「よろしかったでしょうか?」
「~の方」
「僕たち」
「おられますか?」
「~じゃないですか」
「おビール」
「とんでもございません」
「~になります」

 

こんな言葉をお客様に使っていませんか?

 

昔こんな日本語を使う上司がいましたけど、

お客さんから「頭悪いよね」って言われてたので本当に気をつけましょう。(実話)

 

ガチで目線に気をつける

 

目線大事

目線大事

目線大事

 

アイコンタクトです。

話す時は相手の目を見ましょう。

それだけで信頼感のあるサービスが出来ます。

 

アイコンタクト苦手。って人がいますが、

関係ありません。身につけてください。

 

僕は相手の片方の目を意識的に見るようにしています。

眉間を見る。

相手の目の下あたりを見る。

鼻の上の方を見る。

アイコンタクトには、いろんなテクニックがありますが、

いろいろ試して自分に合ったものを見つけてください。

 

ガチで余裕がある(ように見える)サービスをする

 

自分に余裕を持ちましょう。

余裕のないサービスマンはダサいです。

 

お店が忙しいのはわかります。

サービスが足りないのもわかります。

キッチンは戦場みたいになってるのもわかります。

グラスが足りないのもわかります。

 

ですが、お客さんには関係ありません。

食事中のお客さんに流れる時間の感覚と、

仕事中のサービスマンに流れる時間の感覚はまるで違います

 

それを理解して、余裕がある(ように見える)サービスをしましょう。

 

ガチでプロ意識を持つ

 

プロ意識を持ちましょう。

プロしてお客さんに何が出来るのか?を考えましょう。

経験が浅ければ出来ないことのほうが多いです。

 

ですが、プロとして出来ることもあるはずです。

プロフェッショナルは意識です。

 

サービスのプロとして意識を持つから、

清潔感を出そうと思うし、

敬語に気をつけようと思うし、

目線に気をつけようと思えるし、

余裕があるように見せることが出来ます。

 

プロとして仕事をしましょう。

 

まとめ

 

以上の5つを今日からやれば、

その辺のへっぽこサービスマンと一線を画すことが出来ます。

 

ガチで身なりを整える

ガチで敬語に気をつける

ガチで目線に気をつける

ガチで余裕がある(ように見える)サービスをする

ガチでプロ意識を持つ

 

今日から出来るのでぜひでやりましょう!

 

清潔感の出し方はこちらを参考にしてください

【身だしなみを整えよう】サービスマンが実践する清潔感を出す方法
プロレストランサービスマンが実践する、清潔感の出し方をまとめました。 コレさえ読めば、清潔感を出すことなんて楽勝です

 

これからの時代にサービスマンが身につけるべき3つのこと

これからの時代にサービスマンが"英語以外に"身につけるべき3つの能力
こんにちは、さとしです。 これからはサービスの時代です。今、日本で「料理が美味しい」なんて当たり前です。 料理で差がつかなくなった理由はいくつもあります。・SNSやインターネットによる技術・情報のシェア・世界レベルにおけるイ...

コメント