スマートに魅せる!レストランサービスの3つのコツ

スポンサーリンク
サービステクニック
スポンサーリンク
さとし
さとし

どうやればスマートにかっこよくサービス出来るんだろう?

なにすればきれいな動きが出来るようになるかな?

って悩みを抱える人は多いので答えましょう!

 

サービスを始めてすぐは、先輩の見よう見まねで動くことになります。

中々スマートな動きが出来なくてモヤモヤしますよね。

 

・どうやったらかっこよく動けるんだろう?

・動きがうるさい!と言われた…

・なんで一流のサービスマンはエレガントに見えるんだろう…?

 

こんな悩みを抱えますよね。

 

だから今回は、きれいにかっこよく見えるレストランの3つのコツをお伝えします。

これさえ読んで、試してみれば見違えるほどスマートでかっこいいサービスが出来るようになります。

 

お客様からも一目置かれ、目に留まるようになります。

結果、会話の機会も増えて可愛がってもらえるようになりますよ!

 

スポンサーリンク

一番大事なのは「自分は黒子であるという考え」

 

まず3つのコツをお伝えする前に、一番大事なことをお伝えします。

 

 

さとし
さとし

サービスマンは主役じゃなくて黒子だぜ

 

 

もともと、サービスの歴史を紐解いていくと、語源は‘‘サーバント=奴隷‘‘です。

主人に仕えていた奴隷が、主人の手となり足となり食事や晩餐の準備を整えたことから始まります。

 

ですので、ホスト=主人、ゲスト=お客様という図式が成り立ちます。

 

‘‘サービス=奴隷‘‘は‘‘ホスト=主人‘‘に仕えているわけですから、‘‘お客様=ゲスト‘‘に失礼が無いようにするのはもちろん、仕事はあくまでホストのサポートです。

 

例えば、あまりレストランに来たことがない若いカップルがお客様として来たとしましょう。

その日は女性が誕生日だとします。

 

その場合、サービスマンが「ハッピーバスデー!!」とその日を盛り上げることもありますが、まずは男性のサポートをすることが一番の仕事です。

 

料理、ワイン、マナーといったことをさりげなく教えてあげて、彼女の前でかっこつけさせてあげる。決して自分が目立つこと、話すことがサービスではありません。

 

中には「俺が接客してやるぜ!」といった我の強いサービスマンがいます。

そういう人たちは、‘‘舞台の主役は自分‘‘だと思っていますが、それは盛大な勘違いです。

 

もし、あなたの上司がそのようなサービスをする人なら、ソッコーで距離を置くことをお勧めします。

目立つのではなくて、「そっと寄り添ってサポートする気持ち」があるだけで、あなたのサービスのレベルは格段に上がります。

以上を踏まえた上で、スマートに見せる3つのコツをお伝えしていきます。

 

スマート見せる3つのコツ

・お客様の前では意識的にゆっくり動くこと
・動作の終わり際の丁寧を意識すること
・身体の内側を見せるようにすること

 

ひとつずつ説明していきます。

 

・お客様の前では意識的にゆっくり動く

 

普段の動きや、仕事中はチンタラやってたらそりゃ怒られます。

営業中のサービスマンにだらだらする時間はありません。

パッと仕事を終わらせることを優先すべきでしょう。

 

しかし、お客様の前でセカセカ動いてしまったら、

お客様は落ち着きませんよね?

 

それがラーメン屋ならわかります。

しかし、レストランは非日常の空間で時間を楽しむ場所。

 

ゆったりと動いてあげることで「余裕」見せることが出来ます。

オーバーにやる必要はありませんが、いつもの自分よりきもちゆっくり。を心がけてみましょう。それだけで、エレガントに見せることが出来ます。

 

・動作の終わり際の丁寧を意識

全ての動作の終わり際の丁寧を意識しましょう。

料理を置く時、ワインを注ぐ時、お皿を下げる時…

 

終わり際を丁寧にすることで、動きに気持ちがこもります。

そっと優しく料理を置かれるのと、ゴンッと音を立てて料理を置かれるのでは、受ける印象はまるで違うものになります。

 

お客様のそばを離れる時も、笑顔と一礼を残すだけで、柔らかい印象にすることが出来ます。

 

忙しいと忘れがちですが、とても大切なので意識しましょう。

 

・身体の内側を見せるようにする

お客様に対して自分の身体の向きに気を付ける。ということです。

 

よく、「おしりを向けるな!」と古いサービスマンは言います。

(僕自身何回も言ったことがあります)

 

おしりを向けるのはもちろんNGですが、

もっと踏み込んで‘‘身体の外側‘‘を出来るだけ見せないような動きをしましょう。

 

顔と後頭部なら顔。

手の甲ではなく手のひら、肘の内側、お腹…といった体の前面にあるものをお客様に見せるようにサービスします。

 

そうすることで全体的にお穏やかな印象に映ります。

オープンな感じをこちらから見せることで、お客様との距離もぐっと近くなります。

 

 

まとめ

スマート見せるレストランサービスの3つのコツとは、

・お客様の前では意識的にゆっくり動くこと
・動作の終わり際の丁寧を意識すること
・身体の内側を見せるようにすること

 

です。

小さいことの積み重ねですが、これだけでめっちゃスマートに見えるのでぜひ意識してみてください!

 

テクニックの他にも、サービスマンにとって大切なのが、

清潔感です。

清潔感の出し方…知ってますか?

【身だしなみを整えよう】サービスマンが実践する清潔感を出す方法
プロレストランサービスマンが実践する、清潔感の出し方をまとめました。 コレさえ読めば、清潔感を出すことなんて楽勝です

 

 

PS

サービスマン歴10年以上の僕が思うレストランサービスに必要なもの3選
レストランサービスを始めるにあたって、必要なものをまとめました。 コレさえあれば今すぐサービスマンになれます。
そもそもレストランにおけるサービスとはなにか?
レストランにおけるサービスとはなにか? 僕なりのサービス哲学を解説しています。 参考にしてくれると嬉しいです!

 

この2つの記事は僕が普段から大切にしていることをまとめてあります!

ぜひ参考にしてみてください。

 

コメント